遠くても風俗へ行く

最初で最後の風俗嬢とのプレイ

この前遊んだRさんは、その日が最後という風俗嬢でした。自分は彼女を指名したのは初めてですけど、彼女はその日を最後に風俗嬢から卒業して、普通の女の子に戻ると。人それぞれいろいろと事情があると思いますので、彼女の判断にあれこれ言うつもりはないんですけど、彼女とのプレイを通して、もっと早く彼女と出会っていれば良かったなとは思いました。あれだけの実力を持つ風俗嬢がいなくなってしまうのは風俗業界そのものにとっても損失と言ってよいんじゃないかなと。美人だしノリも良いしにこやかだし。コミュニケーション能力という点では相当ハイレベルでしたね。もちろんルックス、テクニックも申し分ないレベル。そんな彼女が最後と言うことで、初めて遊ぶ身でありながら残念だなって思ってしまいました。風俗の世界では卒業していく女の子の存在は珍しくないですけど、これだけハイレベルな女の子との時間を過ごした後だとやっぱり寂しさを感じてしまいますよね。

趣味じゃなく、ライフワーク

風俗は趣味というよりもライフワークといった方が良いかもしれません。趣味と言う程気軽に遊んでいるのではなく、かなり真剣に遊んでいます。だから趣味じゃなくライフワークなんです。裏を返すと、風俗以外あまり興味がないというか、風俗以外は平凡な生活でしかないので、せめて風俗くらいは自分自身、前のめりになって楽しみたいなって気持ちが強いんですよ。せっかくなんです。そこで自分の理想の時間を追求するなどして楽しみたいものじゃないですか。風俗はそんな自分の思いを受け止めてくれるだけの器の広さがあると思いますので、楽しみたいという気持ちがダイレクトに反映されるのもまた、メリットかなって。つまりは追求すればするほど、楽しさや満足度となって戻ってくると思うので、ただ単に気晴らしで遊んでいるだけではなくて、より満足して濃密な時間にするために追求しているんです。これはもうライフワークと呼んでも良いんじゃないですかね。